休暇村 帝釈峡くぬぎの森でのキャンプ クワガタやカブトムシは捕れる?【動画あり・口コミ】 | 子育てママでも移住を実現して田舎でノマド Smile Mam*

PC1台で時間と場所に縛られずに仕事をして、豊かな田舎暮らしを送るために役立つ情報を発信中!

menu

子育てママでも移住を実現して田舎でノマド Smile Mam*



休暇村 帝釈峡くぬぎの森でのキャンプ クワガタやカブトムシは捕れる?【動画あり・口コミ】

休暇村 帝釈峡 くぬぎの森キャンプ場

のとろ原キャンプ場では、捕れたのがコクワガタのみ。

ノコギリクワガタ、ヒラタクワガタ、ミヤマクワガタを捕りたいということで、休暇村 帝釈峡に行ってきました。

休暇村 帝釈峡のキャンプ場を選んだ理由は?

休暇村 帝釈峡は比婆道後帝釈国定公園にあって、「くぬぎの森 オートキャンプ場」という名前が付いています。

「クヌギの森ならクワガタやカブトムシがいそう」ということで、選んだんです。

着いてすぐ確認するのは、木の種類。

上はコテージの写真ですが、キャンプ場の周りにもクヌギ、コナラ、ブナが多くて、期待が高まります!

はやる気持ちをおさえて、まずは本館で受け付け。

本館を見ると、キャンプ場の規模、人の手がどのくらい入ったキャンプ場か、想像がついてきます。

本館入り口の写真からわかるように、休暇村 帝釈峡は、だいぶ人に管理されているところです。

本館を上から眺めたところ。

休暇村 帝釈峡 くぬぎの森キャンプ場

左に見える小高い丘には芝生が生えているので、プラスチックのそりを借りて、滑り降りて遊べました。

身体を動かす遊びがあまり好きではないうちの子も自分から「やりたい!」と言って、めまいがするくらいの暑さの中、すべり下りては登って、すべって登ってを繰り返していました。

休暇村 帝釈峡の施設とできるアクティビティー

休暇村の施設だけあって、施設が色々な面で整っていましたので、ご紹介します。

本館の内側からの写真。広々としてキレイな本館の様子が伝わるでしょうか。

帝釈峡 くぬぎの森キャンプ場1泊ではとても全部できないくらい、色々なアクティビティが楽しめます。

帝釈峡 くぬぎの森キャンプ場 アクティビティお土産屋さんもあります。

お土産屋さんには、広島のお土産の他、小規模ながらキャンプに必要なものを買えるコーナーもありました。

帝釈峡 くぬぎの森にキャンプで訪れて忘れ物をしてしまった場合、車で15〜20分くらいのところにホームセンターがあるので、そこで買い物ができます。

ですが、まずはこのお土産コーナーにないかを探してみるとよさそうです。

3kg ¥600
¥450
割り箸 5本 ¥100
乾電池(単1、単3、単4) ¥300

下の写真は体育館。

学校・クラブ・スポーツチームなどの合宿にも利用されているよう。

テニスコートもあって、私達が行った日にも、スポーツのチームや部活の生徒達がいました。

パターゴルフ場。クラブは本館で貸してもらえます。

幼児でも無理なくできるくらいの規模のものなので、家族で楽しめました。

 

本館の中には、レストランも。

夕食・朝食のバイキングもやっています(予約が必要)。

夕食バイキング(17:30〜20:00)

大人 ¥3,100
小学生 ¥2,000
幼児(4歳〜) ¥1,500

朝食バイキング(7:30〜9:00)

大人 ¥1,400
小学生 ¥1,000
幼児(4歳〜) ¥700

バイキングでないときのメニューはこんなかんじ。

帝釈峡 バイキングでないときのレストランのメニュー

里山弁当神石高原のポークのカツカレー

神石高原のポークのカツ丼

園内は全体的にこども、お年寄りなどへの配慮が感じられます。

こどもが遊べるようなコーナーがあるので、赤ちゃん連れでも大丈夫。

帝釈峡 くぬぎの森キャンプ場 キッズルーム

このコーナーで土鈴の絵付け体験もできるようです。

作品が飾ってありました。

トイレをはじめ、至るところがバリアフリーになっていました。

今回、特に快適だったのは、お風呂。 本館に少し狭めですが、きれいなお風呂があるのです。

左にコインランドリー、右にカラオケボックスが見えます。

 

室内のお風呂の他、サウナも。 シャンプー、リンス、ボディソープが備え付けられているので持参していなくても大丈夫。 タオルだけは、もし持参していなければ、フロントで買えます。

キャンプサイトの様子

くぬぎの森キャンプ場には3種類のサイト 合計42区画があります。

Aサイト 電源+水道+炉付き
Bサイト 電源付き
Cサイト 区画のみ

今回は充電池の電池がなくなったときのために、一応、炉だけではなく、電源も付いているAサイトにしましたので、サイトに電源ボックスがありました。 受付のときに受け取った鍵でボックスを開けて、使用することができます。 1区画は駐車スペースを含めて、約10メートル × 約10メートル。 うちは4人用のテントだけではなく、タープも使用しているのですが、テントとタープを立てても余裕がある広さでした。

それぞれのサイトの料金については、後述します。

結局カブト虫やクワガタは捕れたか?

結論から書くと、残念ながら、捕れませんでした。

樹液が出ている木があったので、期待して、夜と朝に探しに行ったのですが。。

クワガタが出てくるのが、7月下旬から。

キャンプをしたのが7月下旬だったので、時期が早かったのか。。?

本館のフロントにはクワガタが飼育ケースに入れてありましたので、敷地内にいる?いた?ことは確実なのですが。

来年にでも、またチャレンジしたいキャンプ場でした。

施設概要

施設名称

休暇村 帝釈峡

休暇村 帝釈峡ホームページ

住所 広島県庄原市東城町三坂962-1
中国自動車道 東城ICから約15分
電話番号 08477-2-3110
テントサイト
特定日※ 特定日外
Aサイト(電源+水道+炉付き) ¥5,200 ¥4,200
Bサイト(電源付き) ¥4,600 ¥3,800
Cサイト(区画のみ) ¥4,200 ¥3,600
デイキャンプ(日帰り)
利用時間 10時〜21時
料金 ¥3,100
利用サイト Cサイト
人数 1区画10名まで
お風呂(本館大浴場)
利用時間 14時〜21時
料金 大人 ¥420
小学生 ¥310
幼児(4歳〜) ¥210

※特定日・・・5/3〜5/6、7/15、7/16、8/9〜8/16、9/16、9/17、10/7、10/8

田舎でもPCだけで仕事ができる方法 無料メールセミナー

メルマガ会員限定の情報も配信!

お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。


関連記事

コメントは利用できません。