災害に備えておきたい防災用品

PC1台で時間と場所に縛られずに仕事をして、豊かな田舎暮らしを送るために役立つ情報を発信中!

menu

子育てママでも移住を実現して田舎でノマド Smile Mam*



【防災】災害への備えは大丈夫ですか?

ランタン

8月以降、次々と台風がやってきていますね。 「まさか自分が災害に遭うはずはない」と思っていたとしても、念のため備えておけば、いざというときの大きな支えになるもの。

私は東日本大震災を経験しました。 震災後、しばらくの間、お店のライト、乾電池、食料品が売り切れてしまい、手に入らなくなってしまっても、防災用品としてライト、乾電池などを備えてあったので、困ることはありませんでした。

災害に遭って不安定な気持ちのときに、ライトなどの必要なものがないと、余計に不安になるものです。

震災にあったとき、街が停電してしまった暗闇の中、ライトの光のあたたかさに、心が少し和んだのを覚えています。

最近、台風などの自然災害は以前より大きくなっています。

台風の予報が出たら、早めに災害への備えを確認して、安心して過ごしたいですね。

家の外の備え

台風が近づいてから外に出るのは危険なので、台風が近づく前に次のような対策をしておきたいものです。

  • 風で倒れてしまいそうな木はありませんか?

    →支柱で支えられるようにします。

  • 庭やベランダにゴミ、石など、風で飛ばされそうなものはありませんか?

    家の中にしまうか、飛ばされないように固定します。
    強風のときは、ベランダの物干し竿、植木鉢などが飛ばされて、窓ガラスを割ってしまうという被害が一番多いそうです。

  • 窓ガラスはひび割れていませんか?
  • ガラスに飛散防止フィルムを貼ってありますか?

    → 台風による怪我の原因として一番多いのは、割れて飛び散った窓ガラスだそうです。
    飛散防止フィルムを貼っておけば、窓ガラスが飛び散る被害を抑えることができるので、貼っていなければ、検討してみてください。

  • 側溝や排水溝にゴミがたまっていませんか?

    側溝や排水溝を水がスムーズに流れる状態にしておかないと、水があふれてしまい、家に水が浸水してしまうことがあります。

  • 避難所への避難経路は確認済みですか?

    →雨風の中では、通り慣れている道での移動するも難しいものです。
    まずは、悪天候の中、避難所に行く方法を考えみてはいかがでしょうか?
    そして、是非、想定した経路や交通手段を使って、避難所まで実際に行ってみてください。

  • 車に関する保険証などのコピーは車以外のところにも置いてありますか?

    →万が一、車が流されたり、土砂に埋まってしまったりしたときのために、保険証など大切な書類はコピーして控えを手元に置いておくとよいです。

その他、防災用品の確認もしておきたいですね。 防災用品については、東日本大震災の後に色々と調べたので、明日記事を書きたいと思います。

田舎でもPCだけで仕事ができる方法 無料メールセミナー

メルマガ会員限定の情報も配信!

お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。