ママでも自分の時間は必ず作れる!

PC1台で時間と場所に縛られずに仕事をして、豊かな田舎暮らしを送るために役立つ情報を発信中!

menu

子育てママでも移住を実現して田舎でノマド Smile Mam*


ママでも自分の時間は必ず作れる

こどもが小さいうちは特に、自分の時間をつくるのが難しいですね。

ストレスがたまって爆発!とならないうちに、時間をつくりたい。

そのための秘訣とは・・・?

まずは、ほしい自分時間を具体的にイメージしてみましょう!

どんな自分時間をつくりたいですか?

1. あなたがほしいのは、1人の時間?家族の時間?友人との時間?

2. あなたのほしい時間の風景は?
家での時間?外へ出かける時間?
何をしている自分が思い浮かびますか?

3. あなたのやりたいことは何分あったら実現できそうですか?
10分?30分?60分?3時間?

私も、この3つを確認したら、実現するために必要なことが明確になってきて、少しずつ実現できるようになってきました。

自分時間を生み出すための4つのポイント

No.1. 何が自分時間なのかに気づく

先に挙げた質問1「あなたがほしいのは、1人の時間?家族の時間?友人との時間?」や、質問2「あなたのほしい時間の風景は?」で、どんな自分時間がほしいかを考えるのが1つ目のポイント。

No.2. ごほうびをイメージする

先のことを具体的にイメージできると、モチベーションがアップ。
「これがすめば、ゆっくり眠れる」など、先を想像して、やるべきことを片付けましょう。

No.3.いかに楽になるかを考えて、工夫する

自分時間を確保するために家事、子育て、仕事の時間を短縮したいですね。
そのための工夫を考えるとき、どうしたら自分が楽になれるかが鍵。

  1. 一度ですませるには?
  2. ついでに終わらせるには?
  3. 動く距離を短くするには?
  4. 手伝ってもらうには?
ついでに終わらせるための工夫の例

3つ目の「ついでに終わらせる」をしやすいようにするには、「何も持たずに移動しない」を習慣にしてしまうといいですよ。

例)洗濯物を取り込んだ後、夕食の準備をする場合

「取り込んだ洗濯物をリビングに置いて、キッチンに移動して調理を始める」とします。

何も持たずに移動するのではなくて、取り込んだタオルを持って洗面所に行って、洗面所のタオル置き場に片付ける。

洗面所で手を洗って、キッチンに行く。

上のようにすれば、タオルを片付けた上で、キレイになった手で調理することができます。

ご飯を食べた後、お茶をいれるため、キッチンにに戻るときにも、食事済みのお皿などを持ってキッチンに戻る
(こうすれば、その後、片付けるお皿の量が減るので、キッチンとリビングを行き来する回数を減らすことができます)。

ちょっとしたことですが、家族が動くときにも、ついでに何かを持って行ってもらったりすると、助かりますよ!

「ついでに、これお願いできない?」とお願いすれば、お願いしやすいですいですし ^-^

動く距離を短くするための工夫の例

4つ目の「動く距離を短くする」というのは、こういうことです。

たとえば、洗濯物を干す「洗濯ばさみ付きピンチ」を洗濯機の近くに置いていたとします。

すると、次のように移動することになります。

  1. 洗い終わった洗濯物を入れたカゴを持って、ベランダの方に移動する。
  2. カゴを置いたら、「洗濯ばさみ付きピンチ」を取りに洗濯機に戻る。
  3. 「洗濯ばさみ付きピンチ」を持って再度ベランダに行く。

洗濯機とベランダを行き来しなければならないのです。

「洗濯ばさみ付きピンチ」をベランダ近くに置いておけば、洗い終わった洗濯物を持ってベランダに一度、移動するだけで、洗濯物を干すことができます。

毎日繰り返している家事の中で、下の観点で見直すと、もっと効率を上げられることはないでしょうか?

  1. 一度ですませるには?
  2. ついでに終わらせるには?
  3. 動く距離を短くするには?
  4. 手伝ってもらうには?

少しの工夫ですが、毎日、移動する手間と時間を考えると、積み重なる時間は相当。

忙しいママは、この工夫をするかしないかで、楽さが大違いになるのではないかと思います。

常に色々な観点から考える癖をつけると、アイディアが出てきますよ。

No.4.毎日のルーティンの仕事はロボット化する

毎日の家事はできるだけマニュアル化・自動化して、身体が勝手に動くくらいに手順を決めてしまうという方法も。

お皿洗い、床掃除など、実際に家電に任せてしまえる種類の家事もありますね。
自分の時間を買うというつもりで、家電を買ってしまうのも手だと思います。
「時間=命」という考え方もありますから。。
家電で家事をやる時間を短縮した分、今しか持てないこどもと一緒の時間を持ったり、
心身のメンテナンスをしたりして、健康でいられるという考え方。

検討してみてもよいかもしれませんね。

田舎でもPCだけで仕事ができる方法 無料メールセミナー

メルマガ会員限定の情報も配信!

お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。