28年ぶりの近距離に月が接近!スーパームーンは何日の何時?

PC1台で時間と場所に縛られずに仕事をして、豊かな田舎暮らしを送るために役立つ情報を発信中!

menu

子育てママでも移住を実現して田舎でノマド Smile Mam*



28年ぶりの近距離に月が接近!スーパームーンは何日の何時?

スーパームーン

スーパームーンが話題になっていますね。

私は満月の日にはお月さまを見上げて願いごとをするので、満月は大抵いつも見ています。

特にスーパームーンのときは、少し大きい月が見えるので楽しみにして。

今月はスーパームーンがあるというので、前からワクワクしていました。

ですが、そもそもスーパームーンって、どんな月なのでしょうか?

2016年11月のスーパームーンは、何日の何時が見頃でしょうか?

スーパームーンとは

月は地球の周りを回っていますが、その軌道は楕円形です。

つまり、地球からの距離が長いときと短いときがあります。

長いときは約40万km、短いときで約36万kmです。

スーパームーンは、地球に最も近づいている満月です。

距離が近いので、月が大きく明るく見えるというわけですね。

2016年で最も小さく見える月と、最も大きく見える月を比べると、今回は面積が3割も大きく見えるということです。

そんな見事な月なので、スーパームーンのときはカメラを構えて写真を撮る人も多いのですね。

双眼鏡があれば、クレーターも見えるんですよ。

うっすらですが、でこぼこが。

うちにも簡単な双眼鏡があるので、今回は双眼鏡で月を見てみようと思います。

2016年スーパームーンの見頃はいつ?

今年のスーパームーンは、11月14日(月)20時20分頃から23時22分頃までです。

月が最も近づくのが20時20分頃。

そして、22時52分頃から33分ほどが、満月の瞬間です。

月を見ている人から月までの距離は、月が頭の上に来るときが一番近くなります。

そのため、理論的には、頭上にある月をみると、月が一番大きく見えるはずです。

ですが、私の経験から言っても、月が出始めた頃の地表に近いときにも、月が大きく見えます。

先ほど書いたように、距離は頭上にあるときが一番近いので、出たばかりの月が大きく見えるのは、目の錯覚なんだそうです。

建物と比較するから、月が大きく見えるのでしょうか?不思議ですね。

11月14日の天気は?

Yahoo!天気・災害の週間予報を見ると、11月11日時点では、北海道、関東は残念ながら少し雨っぽいという予報です。

週間天気予報は前後の日がずれたりするので、14日の夜は晴れて、お月さまが見えるとよいですね。

晴れて、皆がお月さまを見られるようにお祈りしています。

まとめ

2016年のスーパームーンは11月14日(月)20時20分頃から23時22分頃までが狙い目。

田舎でもPCだけで仕事ができる方法 無料メールセミナー

メルマガ会員限定の情報も配信!

お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。