自然農とは?「有機農法」や「オーガニック」との違いは?

PC1台で時間と場所に縛られずに仕事をして、豊かな田舎暮らしを送るために役立つ情報を発信中!

menu

子育てママでも移住を実現して田舎でノマド Smile Mam*



自然農とは?「有機農法」や「オーガニック」との違いは?

最近、めっきり涼しくなって、鈴虫やコオロギの声が聞こえるようになりましたね。

実は、移住してから畑をやっています。

畑の方も、そろそろ夏野菜も終わって、秋冬野菜の時期です。

先日は、大根、人参、カブの種を蒔いてきました。

畑は「自然農」という農法でやっています。

自然農って何か、知らない方も多いかと思うので、書いてみますね。

自然農とは?

「自然農法」とも言います。

人によって、やり方をアレンジしていることもありますが、次のことを基本としています。

  • 不耕起(耕さない)
  • 不除草(除草しない)
  • 不施肥(肥料を与えない)
  • 無農薬(農薬を使用しない)

一般的な農業(慣行農法)では、機械で土を耕して、除草剤(農薬)で除草して、肥料を与えます。

「自然農」は、「有機農法」や「オーガニック」とも異なります。

「有機農法」や「オーガニック」との違いは?

「有機農法」、「有機栽培」、「オーガニック」などの野菜を選んでいる方も多いですね。

「オーガニック」は「有機」と同じ意味で、化成肥料や化学農薬を使わない農法です。

日本では、登録認定機関が有機食品のJAS規格に適合した生産が行われているかどうかを検査して、

認定された事業者は次の有機JASマークを貼ることができます。

有機JASマーク

有機JASマークが付いている有機野菜には、天然由来の肥料や農薬が使われています。

農薬については、定められた30種類の農薬であれば、ということで農家に任せられているので、農薬を使っているかどうかはわからないようです。

自然農のよさ

畑をやってみると、土の上や中には、小さな生き物が沢山生きていることがわかります。

そんな小さな生き物を含めた生態系があるおかげで、私たち人間も命をいただいて生きていられるのですよね。

ところが、自然農で種を蒔いたりするために手で少し土を掘り起こすだけで、生き物を殺してしまうこともあります。

機械で掘り起こすと、どれだけ多くの命が失われているか、わからないくらいです。

さらに、農薬で虫を駆除するのが一般的です。

地方に移住してわかったのですが、山間部のような人工が比較的、少ない地域では、ヘリコプターで農薬をまくことがあるのですよね。

その日は外に洗濯物をほさないようにするなど、気をつけるようですが。

化学物質過敏症の方などは、農薬を散布することがある地域に間違って移住してしまうと大変です。

移住したいと考えている方は、「自然豊かな地域に住みたい」と考えている方も多いと思います。

自然が豊かな地域の中には、農薬が散布されるところもあるということを念頭に置いて、地域を選ばれるのがよさそうです。

話がそれてしまいましたので、農業の話に戻します。

農業で食べていくのは大変なこと。高齢化などの状況を考えると、慣行農法にせざるを得ないという状況があるのだと思います。

できるだけ少ない人手で、多くのきれいな(虫に食われていない)野菜を作ろうとすれば、肥料や農薬を使うことになるのでしょう。

(そういう状況になってきてしまっている理由について、色々な情報がありますが、ここに書くのは控えます。)

ただ、私は農業を生業として食べていきたいと思っているわけではないので、できるだけ肥料も農薬も使いたくないのです。

天然由来の肥料といっても、最近は、私は安心できないと思ってしまうものが使われていることもあるので。。

このあたりの事情については、色々な事情があるので、ここには書かないでおきます。

もし書かなかったことについて知りたい方がいらっしゃいましたら、メルマガには書きますので、「お問い合わせ」からご連絡ください。

自然農法の考え方を示す言葉として、次のものがあります。

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草や虫を敵としない」

「草や虫を敵としない」

人間の方が後から住まわせていただいているわけですからね。他の命と共生したい。

私は、できるだけムダな殺生をしないためにも、自然農のスタイルがいいなと思うのです。


田舎でもPCだけで仕事ができる方法 無料メールセミナー

メルマガ会員限定の情報も配信!

お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。


関連記事

コメントは利用できません。