久世夏祭りリバーサイドフェスティバルでは、花火も打ち上げられます。花火は何時からでしょうか?
花火の時間や花火を観られる場所へのアクセスと駐車場、屋台や混雑状況も確認しました。

Sponsored Link

久世夏祭り2018花火の日時

2018年8月14日(火)午後8時から

雨天の場合は、15日(水)に順延される予定。

約2000発の花火が目の前で打ち上げられるので、迫力があります。

久世夏祭りでは、花火だけではなく、各種ステージが開催される他、盆踊り、サマーイン富くじの抽選なども楽しめます。

問い合わせ先:久世夏祭り実行委員会(真庭商工会内)
0867-42-4325

ちなみに「久世祭り」で検索すると、秋に行われるお祭りが出てきます。

花火をやるのは「久世夏祭り」。

秋の久世祭りは、だんじり喧嘩が有名です。

Sponsored Link



久世夏祭り2018花火へのアクセス

花火の場所は、岡山県真庭市久世地内

 

旭川の河川敷で観られます。

 

徒歩の場合

JR姫新線「久世駅」からお祭りの会場「久世河川公園」まで、徒歩5分ほど。

 

車の場合

米子自動車道「久世IC」から車で約15分、または中国自動車道「落合IC」から車で約15分です。

 

「久世IC」から向かう場合

 

Sponsored Link


久世夏祭りの駐車場はどこにある?

会場から徒歩10分の真庭市役所などに停めることができます。

 

対岸のディオ、徒歩5分ほどのエディオンにも停められます。

 

久世夏祭りはどんな屋台が出る?

ヨーヨー釣り、電球ソーダなど、10軒ほどの夜店が出ていました。

電球ソーダは、電球の形のソーダです。

久世夏祭りの混雑状況は?

人出は普段より多いですが、ものすごく混むという状況ではありません。


Sponsored Link