瀬戸大橋30周年イベントの花火は4月に実施予定でしたが、強風のため延期になりました。

新しい日時や場所はどこでしょうか?新しい予備日もチェックしました。

Sponsored Link

瀬戸大橋30周年イベントの花火 延期後の新日時は?

2018年8月11日(祝・土)20時~21時
に決まりました。

毎年開催されている「さかいで大橋まつり」で予定されていた花火大会を瀬戸大橋30周年記念事業の一環として開催することになったとのこと。

瀬戸大橋30周年イベントの花火 延期後の予備日は?

さらに2018年8月18日(土)が予備日として設けられました。

瀬戸大橋30周年イベントの花火 延期後の場所

坂出市の坂出港中央ふ頭(坂出市入船町一丁目 沖合)です。

会場の近くに駐車場がないのと、 夕方6時から交通規制が行われるため、 公共交通機関や徒歩をおすすめします。

会場の近くまではJR坂出駅から徒歩で20分ほど。

当日、会場までのシャトルバスが運行するので、詳細がわかり次第、この記事を更新します。

駐車場については、別の記事に書こうと思います。

瀬戸大橋30周年イベントの花火の数は?

1万5000発で、中四国最大級。 今回は5つのテーマが設定されています。

20:00〜20:05 第1章 希望の橋
「瀬戸大橋開通記念30周年記念シンボルマーク」を花火で表現。
20:06〜20:21 第2章 香川県においでまい
香川県各地の名産品を花火で紹介。
20:22〜20:37 第3章 夢と情熱 
瀬戸大橋を架けるために注がれた多くの方々の熱い「情熱」を花火で。
20:38〜20:53 第4章 蒼い海、緑の島々
瀬戸内海と島々を表現する幻想世界。
20:54〜21:00 第5章 未来への架け橋
音楽と花火の饗宴。「尺玉50連発」と「尺玉10連発一斉打ち」で感動のフィナーレ。

公式な情報については、「坂出市観光協会の瀬戸大橋開通30周年記念イベント(夏)」を参照してください。

見所は、「第5章 未来への架け橋」での「尺玉50連発」と「尺玉10連発一斉打ち」。

瀬戸大橋30周年の記念イベントの一環としての開催なので、例年にも増して見応えのあるものになりそうですね。