倉敷川水系丙川(ひのえがわ)が決壊する恐れがあるということで、避難指示(緊急)が発令されました。
対象は、岡山市南区の曽根学区、第一藤田学区の大曲地区です。
曽根小学校、第一藤田小学校はどこにあるでしょうか?
地図で確認しました。

Sponsored Link

【2018.7.9 21:30追記】

倉敷川水系丙川(ひのえがわ)の堤防仮復旧工事が
完了したため、21:14に曽根学区、第一藤田学区の
避難指示(緊急)が解除されました。

曽根小学校、第一藤田小学校の場所は?

避難指示が出ている学区である
曽根小学校と第一藤田小学校は、
笹ケ瀬川と倉敷川に挟まれた地域です。

堤防に亀裂が見つかったということで、岡山市から
避難指示(緊急)が出ました。

直ちに避難行動を完了してください。 避難所まで行けない方、十分な時間がない方は、自宅の2階など高い場所に避難してください。 情報提供:岡山市 (電話 086-803-1600)

丙川は下の地図の青い線。

曽根小と第一藤田小の間を流れています。

引用元:川の名前を調べる地図

1枚目のマップだと倉敷川と書かれているように
見える川ですね。

7月9日の午前9時頃に、丙川の堤防に
数十センチから1メートルほどの穴が
見つかったということです。

ハザードマップで見ると、下のあたり。

岡山市 南区役所藤田地域センターの位置が
地図を見比べるときの目安になるでしょうか。

丙川の場所はどこ?曽根と第一藤田小を地図を確認

地図の色分けの意味は次の通りです。

ただ、今回は雨が降り続いた時間が長く、
市では川が決壊する恐れがあると判断しているため、
決壊してしまうと上の予想より水位が
高くなる可能性が高いのではないかと思われます。

引用したハザードマップにも、
「雨の降り方によっては、(中略)浸水深も
深くなる場合がありますので、注意してください」 とあります。

すでに堤防に亀裂が見つかっている状態なので、
近くの方は、川が決壊しないうちに、
移動しやすい明るいうちに避難してください。

避難しても何もなかったとなるのが一番だと思います。