先日亡くなった「ちびまる子ちゃん」の作者、さくらももこさんが民間療法で闘病していたという話とともに「インチキおじさん登場」と話題になっています。
「インチキおじさん登場」とは、どこから来た言葉なのでしょう?
「インチキおじさん登場」が話題になっている理由について書きます。

Sponsored Link

インチキおじさん登場とは?

「インチキおじさん登場」とは何でしょう?

結論から書いてしまうと、「ちびまる子ちゃん」のアニメのエンディングに流れていた曲「おどるポンポコリン」の歌詞に出てくる言葉です。

その部分の歌詞を抜粋すると、下のようなもの。

なんでもかんでも みんな
踊りを 踊っているよ
おナベの中からボワッと
インチキおじさん登場

「おどるポンポコリン」は知っている人が多いと思いますが、こんな曲ですね。

「おどるポンポコリン」は、1990年4月4日に日本でシングルCDとして発売された、B.B.クィーンズのデビューシングルです。

改めて聴いて、「ポンポコリン」という音が何ともユーモラスと思ったら、さくらももこ作詞だったのですね。

ちなみに、作曲と編曲は織田哲郎によるもの。

Sponsored Link



さくらももこの民間療法で話題の理由

さくらももこが民間療法でガンと向き合っていたという報道がありました。

そのツイートに対して「インチキおじさん登場」とリプライをしていた方がいるということで、話題になったようです。

下のツイートにも、「インチキおじさん登場」とありますね。

個人的には、この話題はデリケートなので、いい、悪いと簡単に言いたくないですね。。

Sponsored Link