Sponsored Link

毎年8月に行われる、おかやま桃太郎祭りの花火。

花火の時間や穴場の場所、駐車場や混雑状況などの口コミを書きます。

おかやま桃太郎祭り2018の日時や時間

平成30年8月4日(土)、8月5日(日)

平成29年は19:30~20:30でした。

花火の数は約5000発。

おかやま桃太郎祭りの混雑状況は?

例年30万人ほどの人出です。

打ち上げ場所に一番近い旭川の河原は混雑しますが、その河原も隅田川の花火などに比べて余裕があります。

この後、花火を観るのによい場所、穴場などについて書いていきますので、場所ごとに混み具合についても書きます。

おかやま桃太郎祭りの花火の打ち上げ場所は?

おかやま桃太郎祭りの花火は、旭川にある中州で打ち上げられます。

Sponsored Link

岡山県岡山市中区西中島町 旭川西中島

花火の当日は、旭川の左右両側の河原に花火を観るための場所が確保されます。

おかやま桃太郎祭りの花火の打ち上げ場所までのアクセス

車でない場合、岡山駅からバスを使うのが便利です。

岡山駅から乗れる岡電に後楽園前、県庁前のバス停があります。

後楽園前、県庁前のバス停まで、岡山駅から10分ほどです。

路面電車を使う場合は、岡山電軌東山線で10分。西大寺町電停で下車して徒歩5分ほどです。

車の場合、交通規制がある上、会場近くの駐車場は混雑するため、少し遠くの駐車場に停めて、徒歩で目的の場所に向かうことになります。

おかやま桃太郎祭りの花火の穴場

首都圏の花火大会より人出が少ないため、花火開始の1時間弱前に河原に行けば、そこそこよい場所で花火を観ることができます。

とはいえ、少しでもよい環境で観たいもの。

おすすめの場所について書いていきます。

おかやま桃太郎祭りの花火では、

1.打ち上げるタイプ
2.ナイアガラのように下にいないと観られないタイプ

の2種類の花火があります。

1つ目の打ち上げ花火は、遠くからでも見えます。

3キロほど離れた岡北大橋からも見えるほどです。

2つ目のものは、下の方で花火が燃えるため、旭川の左右両側の河原以外の場所では見にくいです。

すべての花火を観たい!という方は、混雑はしますがシートを敷くなどして、西中島の左右両側の河原で場所を確保することをおすすめします。

花火の音がお腹に響くくらいの大迫力の花火を楽しむことができます ^ ^

後楽園内から観る

観光でおかやま桃太郎祭りを観る方は特に、後楽園内から観るのがおすすめです。

後楽園内の指定の場所にシートを敷いて打ち上げられた花火を観ることができるので、こども連れでも花火を楽しめます。

19時15分頃の園内の様子はこんな感じ。

桃太郎祭り花火の時間や穴場の場所は?駐車場や混雑状況も!

花火開始15分前ですが、緑の芝生が見えていて、まだ場所に余裕があります。

おかやま桃太郎花火大会の時間・穴場や駐車場

https://youtu.be/RHVFMkfVAzE

県庁近くの橋から観る

首都圏ほどの人出がないため、あまりゆっくり座って観なくてもよいという方は相生橋から観るのもおすすめです。

相生橋は上の地図、右の方の赤い○のところ(岡山県立図書館・岡山県庁近くから古京町の間にかかる橋)です。

花火の開始時刻近くでも、橋の欄干にもたれられる場所を確保することができました。

店舗から観る

天満屋の飲食店から観ると、ゆっくり観ることができます。

岡山神社から観る

岡山神社も会場から少し離れるため、少し混雑が緩和されます。

子連れ花火で持っているとよいものは?

・敷物 ・食べ物、飲み物(花火を観ながら夕ご飯を食べるなら、ご飯。必要に応じて) ・虫除け 天満屋などの店内で観るなら虫除け不要ですが、河原で観る場合は特に、虫除けがあった方がよいです。 アロベビー UV&アウトドアミスト  

この記事は追ってブラッシュアップしていきます。

Sponsored Link