【サバイバル術】火を使わずに食べ物などを温める方法

PC1台で時間と場所に縛られずに仕事をして、豊かな田舎暮らしを送るために役立つ情報を発信中!

menu

子育てママでも移住を実現して田舎でノマド Smile Mam*



【サバイバル術・夏休みの自由研究にも】火を使わずに食べ物などを温める方法 専用の製品なしでも!

火起こしでサバイバル

朝晩特に冷えるようになりましたね。

以前、子育て家庭で備蓄したいものについて取り上げましたが、防災用品は季節の変化に合わせて入れ替えが必要。

まだ春夏向けの防災用品になっている方は、早めに秋冬向けに変更しましょうね。

秋冬に備えておきたいもの

着替えの洋服を準備していたら、秋冬用に長袖の、あたたかいものに変更。

毛布、携帯カイロなども防災リュックに入れたり、すぐ持ち出せるところに準備。

その他、あたたかい食べ物、飲み物がほしくなるので、食べものや飲みものを温めるために必要なものも、春夏よりも多めにあるとよいですね。

新聞紙、ラップ、さらし、タオルなどです。

これらのものは、寒いときに身体に巻き付けると、暖かくなります。

また、新聞紙があると、火を起こすのがだいぶ楽になります。

火を起こしたことがない方は、是非!何かが起きてしまう前に、早めにやってみてください。

火をおこすにしても、道具などの準備が必要なもの。

いざというときに突然やってみようとしても、できないものですから。。

火を使わずに食べ物をあたためる方法

いざというとき、火で食べ物を温めることができればよいですが、火をおこす場所や道具がない、こどもが何人もいて手が離せないというようなことも、あると思います。

そんなとき、これから書く方法を知っていれば、あたたかい食べ物や飲み物を口にして、ほっとすることができます。

それは太陽の光を使う方法です。

車に置く

車のフロントガラスの近くや車体の上に、食べ物などを置いておくのです。

レトルト食品、水が入ったお鍋に黒いビニール袋をかぶせたり、色を塗って黒くした空き缶に水を入れて、フロントガラスの内側(車内)に置いておくと、食べ物や飲み水をあたためることができます。

理科の時間に習った「黒いものはあたたまりやすい」というのを応用するのですね。

物の下にアルミホイル、黒い紙、段ボールなどを置いておくと、よりよいです。

食べ物、飲み物だけではなく、適当な大きさの石を置いておくと、石があたたまって、カイロの代わりに使えます。

ソーラークッカーを使う

余力がある方は、ソーラークッカーを使うという方法も。

次の役割を果たすものがあれば、作れます。

  1. アルミホイル、レンジフード、アルミシートなどの熱を集めるもの
  2. ペットボトル、アルミ缶などの容器
  3. ガムテープなどの固定するもの
  4. 黒のポスターカラーなど、容器を黒くするもの

これらの材料を下の写真のように組み立てればいいのです。

ソーラークッカー
出典:http://oasis.andrew.ac.jp

上の写真では、容器が黒くありませんが、容器が黒い方が保温の効率が上がります。

黒い容器、黒以外の色の容器とで、温度にどのような差が出るかを自由研究で実験してもいいですね。

材料を揃えたりするのが大変な方は、下のような材料がセットになったキットを使うと、手間を省けますよ。

夏休みに子どもの自由研究にするのもいいですね。

ソーラークッカーがあると節電できるので、作るのが大変な方は、市販のものを買っておくといいですよ。

蛇足ですが、今、楽天カードへの新規入会で最大8,000円分のポイントがもらえるキャンペーンをやっています。

楽天カードは還元率も高い上、審査にも通りやすいので、まだ持っていなくて、楽天での買い物を検討されている方は、加入するとお得ですよ。

ソーラークッカーも実質、無料で買えちゃいますよね ^−^

↓ 画像をクリックして詳細を確認する


まとめ

あたたかいものは、被災して不安になったこころをほぐしてくれるもの。
ないことを願いますが、もし万が一ということがあったら、上の方法を使ってみてくださいね。

田舎でもPCだけで仕事ができる方法 無料メールセミナー

メルマガ会員限定の情報も配信!

お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。