「ダサかっこい」と話題のDA PUMPの「U.S.A.」。

「カモンベイビーアメリカ どっちかの夜は昼間」の歌詞やダンスなどが大人気ですが、これはカバー曲なのですね。

原曲を歌っている歌手は誰で、何という曲なのでしょう?

原曲の動画と歌詞、どこで買えるかを確認しました。

Sponsored Link

DA PUMPのUSAの原曲は誰の何という曲?

DA PUMPのUSAの原曲は、
1992年にEurobeat Recordsからリリースされた
Joe Yellow(ジョー・イエロー)の「U.S.A」
という曲です。

Joe Yellow(ジョー・イエロー)は人の名前ではなく、
1958年生まれのイタリアの男性「Domenico Ricchini」
による音楽プロジェクトの名前。

 

ジョー・イエローはイタリア語で「宝石」という意味です。

「Domenico Ricchini」は下のような方。

USAのサビの歌詞は?

Come on baby, do it again
That’s the way, just do it light my fire
Come on baby, sing it again
I can feel your beat carry me away
Come on baby, do it again
That’s the way to reach a new desire
Come on baby, sing it again
Get into the groove to a new day

 

「Come on baby」はDA PUMPが歌ってるのと同じ。

 

DA PUMPが「アメリカ」と歌っている部分は、
原曲だと「do it again」や「sing it again」です。

「おいでベイビー、またやろうよ」、
「おいでベイビー、また歌おうよ」という感じの意味。

 

DA PUMPの歌詞はアメリカについてですが、
原曲は女性に対して男性が呼びかける内容
なので、歌詞の内容がまったく違いますね。

 

「どっちかの夜は昼間」の部分は、
何回かありますが、
「That’s the way to reach a new desire」。

 

直訳すると
「それが新しい欲望に至る新しい方法だ」と
いうような意味でしょうか。

 

DA PUMPが歌う日本語の
「どっちかの夜は昼間」の意味については、
下の記事に書きました。

DA PUMPのUSAの歌詞”どっちかの夜は昼間”はどういう意味?動画も確認

 

USAの原曲の歌詞は、下の2人の方が作詞したものです。

  • CIRELLI DONATELLA
  • LOMBARDONI SEVERINO

 

USAの原曲の歌詞については、「Joe Yellow – USA」を参照してださい。

Sponsored Link


Joe Yellowの「U.S.A」はどこで買える?

Joe Yellow(ジョー・イエロー)の「U.S.A」は、下のCDに収録されています。

このCDは、以下のYouTubeで視聴できます。

楽天にはありますが、多くの人が買おうとしているので、Amazonは売り切れてしまっています。

 

【在庫わずか】在庫を確認 >>

 

Joe Yellowの「U.S.A」は、こちらのCDにも収録されています。

【在庫わずか】在庫を確認 >>

 

まとめ

2018年の年末の紅白で「U.S.A」が聴けそうな人気。

以前のパラパラユーロビート)ブームを知っている人には懐かしい感じ。
そのブームを知らない方には新しい?「U.S.A」。

他のパラパラ(ユーロビート)も聴いてみてくださいね。

安室奈美恵も歌っていたのですよね。

マツコの知らない世界5.29パラパラの曲と動画まとめ紹介された店も

Sponsored Link

関連する記事

DA PUMPのUSAの歌詞”どっちかの夜は昼間”はどういう意味?動画も確認

カモンベイビー オカヤマ!(DA PUMP U.S.A.のアレンジ)の動画-作者も確認

マツコの知らない世界5.29パラパラの曲と動画まとめ紹介された店も