飲食店や惣菜店などで余った食品を安く買うことができる「フードシェアリングサービス」が話題になっています。
食品の廃棄も防げる、エコなサービス。
TABETE(TABETE.ME)やReduce GO、店舗数や店舗がどこにあるか、アプリについて調べました。

Sponsored Link

フードシェアリングサービスとは?

飲食店や惣菜店などで余った食品を安く買うことができるサービス。

食べられる食品が破棄されずにすみ、消費者は安く買うことができるという環境にもやさしいシステムです。

フードシェアリングサービスの様子

たとえば、こんな感じ。

フードシェアリングサービスにはどんなものがある?

TABETE

[フードシェアリング]東京や大阪のサービスを調査!店舗はどこ?

https://tabete.me/

Facebookページ TABETE.me

アプリではなくWebで利用するサービス。

店舗数:「渋谷、恵比寿、麻布十番」を中心に約130店舗(2018年4月29日時点)。

店舗は上のサイトから検索することができます。

ReduceGO

Reduce GO フードシェアリングのアプリ

https://reducego.jp/

東京23区のみで利用可能。

近くの飲食店やカフェ・ベーカリーなどのお店で残ってしまいそうな余剰食品を食べて、食品ロスを減らすることができます。

アプリで注文するタイプなので、あらかじめアプリをインストールしておく必要があります。

Apple版

Android版

1.アプリから周辺のお店を探す
2.タップして注文する
3.受け取りに行く

月額料金1,980円で毎日2回まで注文できます。

フードシェアリングを大阪で利用できる店舗

個人が利用できるサービスは見つけることができませんでした。

フードバンクという、る社会福祉活動をしている団体が全国にあり、

フードバンクなら大阪にもあります。

フードバンク大阪のホームページ

フードバンク大阪

引用元:http://www.foodbank-osaka.jp/

フードバンクが支援者からの寄付や食料の提供を受けて、

児童養護施設、母子支援施設、女性シェルター、

高齢者支援施設、障がい者支援施設などに食料が提供されています。

個人は提供を受けた施設からサービスを受ける形で、

フードバンクから提供を受けることができます。

まとめ

利用者は割安で買うことができて、しかも廃棄される食品が減らせるとは、

1石2鳥でいいですよね!

私は残念ながら対象地域外なので利用することができませんが、

対象の地域にいる方は使ってみてはいかがでしょうか。

引き取りは午後〜夕方以降になることが多いため、

最初に検索したときに見つからなくても

時間が経ってから再度検索してみると、

見つかる可能性が上がるそうですよ。

今後、大阪などでも利用できるようになって、

もっと多くの方が利用できるようになるといいですね。