小学校入学までに始めておきたい勉強

PC1台で時間と場所に縛られずに仕事をして、豊かな田舎暮らしを送るために役立つ情報を発信中!

menu

子育てママでも移住を実現して田舎でノマド Smile Mam*


勉強を早めに始めて準備する

4月からお子さんが小学校に入学するご家庭では、色々な準備を進める頃ですね。

最近、学用品の購入時に気をつけたいことについて書いた記事「学用品買い直しにならないために注意したいこと」や入学までにできるようになっておきたいことについて書いた「小学校の入学準備で必要なのはどんなこと?No.1」をよく読んでいただいています。

勉強面での準備について

うちの子が入学する前を振り返ると、学用品の購入、こどもが鍵をかけられるようにする練習などに加えて、勉強面での準備もしました。

4月になってから新しい習い事を始めると、慣れなければならないものが多くなってしまうので、就学する前の2月のうちに勉強の習い事を始めたのです。

これが大正解!

文字を書くのは保育園でも少しやっていましたが、それとは別に、文字や数字の勉強を進めておいたおかげで、入学してから余裕をもって授業を受けることができたからです。

こども向けの教材も沢山あるので、始める前に他のものと比較したり、こどもに合うかどうかを確かめたいもの。

サンプル教材をもらえるもの、無料体験ができるものをご紹介しますね。

スマイルゼミ

日本有数の独自ソフトウエア製品を持つソフトウェア会社、ジャストシステム。「一太郎」というワープロソフトでも有名な会社です。

学習ソフトは公立小学校の8割に導入されています。

そのジャストシステムによるタブレット教材が「スマイルゼミ」。

うちの子もタブレット学習をしているのですが、紙での学習より、タブレットの方が楽しそうなんですよね。

タブレットなら、写真だけではなく動画も見られて、ゲーム感覚で問題を解けるので。

↓ 資料を請求して、タブレットでの学習がどのようなものなのか確かめてみる(下の画像をクリック!) ↓



ブンブンどりむ

ブンブンどりむ 無料体験キャンペーン

『声に出して読みたい日本語』(草思社)などで有名な齋藤孝氏(明治大学教授)が監修されたという作文教材

 

国語力はすべての学習の基礎だから、本当に大切。

人間は言葉で思考するので、国語力がないと、思考力、想像力などの基礎的な学力や、他の教科の力を伸ばすことができないのですよね。

たとえば、読解力がないと、たとえ計算ができたとしても、「算数の文章題の前提条件、問われていることが理解できない」ということが起きてきて、結局、正しい答えを導き出すことができなくなってしまいます。

資料を読んで、論理的に考えて、自分の考えを表現してコミュニケーションする能力は、理科や社会でも求められます。

これらの力は、将来、食いっぱぐれずに仕事をするためにも、とても大切。

というのは、AIによって仕事が減っていくことが予測されるから。

日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能になるという予測もあります。

そんな過酷な仕事環境の中でも、こども達が仕事をして生活を支えることができるよう、人間にしかできない「創造」ができる、骨太の学力を身につけさせてあげたいもの。

そんな社会情勢の変化の中、2021年に大きく変わる大学入試でも、思考力、判断力、表現力が問われるようになる予定です。

学校の勉強だけでは、「書く力」、「思考力」、「読解力」、「想像力」を伸ばすのは難しいもの。

ブンブンどりむは、作文の基礎から公立中高一貫校の受検対策まで、発達段階に合わせた6コースが設けられているので、学習時間の目安が1日あたり10分でも無理なく「書く力」、「思考力」、「読解力」、「想像力」という一生ものの力を伸ばせます。

ブンブンどりむ 作文の基礎から公立中高一貫校の受検記述対策まで

他の習い事と両立させているお子さんが90%以上。それでも、受講開始後、半年以内に70%以上の会員が学習の効果を感じているそう。

それも、ブンブンどりむは作文添削指導を20年以上行ってきた実績があって、他の講座にはない、書く力を伸ばす指導ノウハウがあるから。

秋の無料お試しキャンペーン中

今、秋の無料お試しキャンペーン中。

↓ 無料体験キットをみる(下の画像をクリック!) ↓

ポピー

昔からあるポピー。ずっと支持されている教材だから、安心。

余分な教材がなくて、必要なものだけが届くので、評判がよいです。

↓ 資料を請求して、ポピーの教材を確認してみる(下の画像をクリック!) ↓



ディズニーの英語システム

これは0〜4歳向けのプログラムですが、ちょっとおまけ。 うちの子も0歳のときから「ディズニーの英語システム」などの教材で、英語に触れています。 そのおかげで、小学生になる頃に、読み書きの勉強を始める段階で、だいぶ英語に慣れることができていました。 それは、こどもが楽しんで英語に触れられるDVDを沢山観て、英語で一緒に歌ったり、ゲームをしたり、英語で話しかけたりしていたおかげかなと思っています。 その結果、小学校でネイティブスピーカーの授業を受けるときにも英語で答えられて、「今日、学校でRectangleって答えたんだよ!」と嬉しそうにしています。習い事では、高校生レベル(英検でいうと3級)の読む・書く・聞くをやっているので、余裕があるのです。 2020年には、小学3年生から英語が必修化される予定。 学校での学びでも、成功体験を積ませてあげたいものですね。 まだ4歳以下のお子さんは、今のうちから英語に触れさせてあげてはいかがでしょうか? サンプルの絵本とCDだけでも、おでかけの車の中で聴いたりして、楽しんで、英語に親しむことができますよ。 ↓ サンプルをもらって英語で楽しく過ごしてみるには、下のバナー(画像)をクリック ↓

田舎でもPCだけで仕事ができる方法 無料メールセミナー

メルマガ会員限定の情報も配信!

お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。


関連記事

コメントは利用できません。