2018年台風24号の影響で、電車や新幹線などの運休が相次いでいます。
台風24号の進路は米軍 米軍合同台風警報センター(JTWC)で、どのように予想されているでしょうか?
東京に近づくのは何日の何時頃でしょう?
東海新幹線への影響、台風で新幹線が遅延・運休した場合、切符の払い戻しはできるかも確認しましょう。

Sponsored Link


台風24号2018東京への進路予想

台風24号チャーミーは大型で非常に強い台風です。

30日(日)20時頃、和歌山県田辺市付近に上陸しました。

台風が関東に近づくのは明日30日の夜遅くから1日まで。

雨のピークは、今夜(29日)とあす(30日)の夜の二度。

総雨量は400から500ミリに達する恐れがあります。

風のピークは、30日の夜

予想される最大瞬間風速は都心を含めた関東地方で50メートル、時速に換算すると180キロメートルで在来線特急列車を超えるスピードになります。

<

blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”>

画像引用元:tenki.jp

画像引用元:tenki.jp

海面水温が高いエリアを進むため、台風が発達しながら日本列島を縦断していくとのこと。

米軍合同台風警報センター(JTWC)でどのように予想されているか、米軍データを確認しましょう。

米軍合同台風警報センター(JTWC)による台風24号の進路予報

本州を通過する1日最大瞬間風速約55mと予想されています。

風速60キロは、時速216キロに相当。

どのくらいの風かというと、電話ボックスや自動販売機が倒れたり、移動したりする風。

時速200キロで物が飛んでくるという表現の方が伝わりやすいでしょうか。

台風21号の被害も記憶に新しいところですね。

建物の屋根がはがれて飛んでしまったところもありました。

できれば台風が近づいているときに外に出なくてもよいように、早めに予定を調整できるといいですね。

Sponsored Link


2018年台風24号の東海道新幹線への影響

10月1日、東海道新幹線は全線で運転を再開しましたが、一部の列車に運休や遅れが発生しています。

【全区間運休列車】

下り

のぞみ323号 のぞみ281号

上り

のぞみ312号 のぞみ314号

のぞみ316号 のぞみ318号

のぞみ328号

【運行状況:10時00分現在】

下り

東京駅~静岡駅間走行中の列車   5分~17分程度の遅れ

静岡駅~名古屋駅間走行中の列車  5分~60分程度の遅れ

名古屋駅~新大阪駅間走行中の列車 60分~100分程度の遅れ

上り

新大阪駅~名古屋駅間走行中の列車 平常運転

名古屋駅~静岡駅間走行中の列車  平常運転

静岡駅~東京駅間走行中の列車   10分~100分程度の遅れ

引用元:JR東海の運行状況

東海新幹線の最新の運行状況 >>

もし台風の影響で、東海道新幹線が遅延や運休した場合、切符の払い戻しはできるでしょうか?

いくら戻ってくるかも気になりますね。

Sponsored Link

東海道新幹線のきっぷ払い戻しはできる?

台風24号の影響による払い戻しについてJR東海のホームページに掲載されていました。

台風24号の影響によりご旅行を見合わせる場合、無手数料できっぷの払いもどしをいたしますので、あらかじめ(指定券をお持ちのお客さまは、乗車予定列車の発車時刻までに)、お近くのJRの駅窓口までお申し出ください

引用元:JR東海のホームページ

通常、切符が手元にある場合とそうでないとで、対応が異なります。

切符を購入する前の場合

列車が運行していない区間から発着する、または通過する区間の切符が販売されなくなります。

バスなどで連絡できる場合や、迂回ルートで運転する場合は、その区間が開通したものとして切符が販売されることがあります。

切符を購入してしまった後の場合

目的地までの途中の駅で運転を取りやめた場合、後から発車する特急列車や急行列車に乗れます。

運休した列車の特急・急行料金は全額返金されます。

ただ、例外があるので注意してください。

品川~東京間(東海道新幹線を含む)及び東北、上越、北陸新幹線の大宮~上野・東京間または上野~東京間のみ運転をとりやめた場合は、特急・急行料金の差額のみの返金となります。

また、途中駅で下車していなければ出発駅に無料で戻ることもできて、運賃・料金の全額が返金されます。

回数券や定期券は、5日以上連続して運行しない場合、有効期間を延長したり、払いもどししたりしてもらえます。

詳細については、JR東海のホームページ「事故などの場合の取り扱い」を参照してください。

Sponsored Link

まとめ

今後、台風の接近に伴い、状況が変わっていくと思われますので、追ってこの記事に追記していきます。

こどもや高齢者がいる家庭では特に、天気が荒れないうちに停電・断水などが起きても大丈夫なように備えておきたいですね。

早めに避難するようにして、どうぞ命を守ることを第一優先に行動してください。

鉄道の運休も多いので、出張中の方は無理に帰宅せず、ホテルに泊まるのも方法の1つだと思います。

関連する記事

【防災】子育て家庭では何を備蓄しておけばよい?

【防災】災害への備えは大丈夫ですか?